自己破産メリット・デメリットや詳細について紹介!住宅ローンのある方事前にチェック!
債務整理 住宅ローン

自己破産と住宅ローンは?


自己破産とは、平成17年に改正された法律です。 内容としては、自分が保有している財産をすべてなくす代わりに その債務が帳消しになるというものです。

相談しやすいと評判の司法書士さん
↓↓↓↓↓


雑誌多く掲載中でおすすめ
↓↓↓↓↓
杉山法律事務所
頼りがいのある司法書士さん

従来から、クレジットカードや消費者金融などからお金を借りるという 便利さから、いつのまにか債務が脹れあがってしまったという人も多いと思います。 そんな人がいつの間にか気が付いたらこの債務に気付き、悩まされ、最後には 命まで落とす人が多く出てきたためです。

便利さがもたらした不幸ともいうべきものなのかもしれません。

自己破産の特徴
・債務がゼロになります。
いままでの借入金などの債務がすべてゼロになります。

・取り立ての行為がなくなります。
クレジット会社や消費者金融からの催促の取立ての行為がなくなります。

・債務の返済の停止
債務返済自体が一旦、申し立て後に停止することになります。 実際に、債務がゼロになるのは、自己破産の申し立て後に債務の総額が確定した後になります。

このようなメリットがあります。 自己破産をすることで、自己資産はすべて失うことになりますが、 債務に怯えて生活することもなくなりますし、堂々とした生活を送れるようになります。

当然住宅ローンも払わなくてよくなりますが、申請した本人名義の不動産はローン中でも失うことになります。

ローンの支払い中の家に住んでいる場合、自己破産の免責が決定したとたんに家をあけはなすというわけではありません。

裁判手続きもしくは任意売却などにより、正式に不動産が人手に渡ることで出ていかなくてはいけなくなりますので、そのへんは気になることなので、事前にしっかりと担当の法律家に相談しておきましょう。

自己破産はあくまでも債務整理でも最期の手段になるので、一人で判断せずに必ず、専門家に念入りに相談するのをおすすめします。



債務整理で無料相談・任意整理!自宅を守る借金解決方法

Copyright(C)
民事個人再生と住宅ローン