特定調停メリット・デメリットを紹介します。一番お金がかからないけどちょっと面倒はあります。
債務整理 住宅ローン

特定調停メリット・デメリット



特定調停とは、簡易裁判所が債務者(借金をした人)と債権者(消費者金融等)との間に入って、利息制限法を適用し借金を減額したうえで、分割返済の話し合いをまとめる手続です。

債務整理の無料相談では事前に質問内容準備しておきましょう
↓↓↓↓↓


特定調停のメリット・効果は?

・比較的簡便な手続で、借金相談・債務整理相談をする人が一人で特定調停手続を勧めることも可能
ただし、2回ほど本人が裁判所に行く必要あり。

特定調停のおすすめポイントは?

・調停委員が見て、3年間をめどに「無理のない」返済額で分割返済をしていくことになるので、毎月の返済額が明らかに減る。また、手続きに平均2ヶ月ほどかかり、その間の返済はしなくていいため、タイミング次第では2カ月分返済を合法的に遅らせることができる。

特定調停のデメリットは?

・特定調停では、利息制限法に基づいて払い過ぎた利息を元本返済に充てたことにし、借金の総額を減らします。 さらに将来利息をカットし、将来的な負担も減らすことができるが、もともと利率が低い借金に関してはあまり効果がないのと、3年間をめどに分割返済をすることになるため、高額な借金に対しては月々の負担が減らない可能性があります。



債務整理で無料相談・任意整理!自宅を守る借金解決方法

Copyright(C)
債務整理無料相談・任意整理