任意整理メリット・デメリットや詳細について紹介!住宅ローンのある方チェックしておきましょう
債務整理 住宅ローン

任意整理と住宅ローンの借金



任意整理は、借入額がそれほど大きくはない、借入先がそれほど多くはないのですが、 近い将来、このまま進めば、破産してしまうかもしれないという場面で 多くみられる借入の整理方法です。

お金を貸している側とお金を借りている側の双方で、話し合いにより、 減額してもらう、もしくはプラスの返金をしてもらうなどの場合があります。

簡単に言うと返済額を負けてもらうことになりますが、 利息制限法に基づき実際に支払う金額を再計算してもらうので 結果借金額が大幅に減る人がほとんどで、長期にわたり借りてる人は 過払い金が生じてプラスの返金があるケースがあります。

過払い金って請求できる期限があるから早めに相談しませんか
↓↓↓↓↓


交渉力あり!の司法書士さんです
↓↓↓↓↓
杉山法律事務所
過払い金がありそうな場合おすすめ

任意整理のメリット
任意整理を実施することによってのメリットとしては、 以下の4つがあると思います。

1つめは、貸手側からの取立がなくなるもしくは規制がかかります。 弁護士や司法書士に依頼した時点で、受任通知と呼ばれる書類が 貸手側に届きます。この書類が届いた時点で、取立の行為は禁止となります。

2つめは、弁護士や司法書士に依頼し、和解が成立するまでの間は、 返済はなくなります。なぜならば、和解までの間返済額が決定していないためです。

3つめは、利息制限法に規定されている利息よりも多く支払っていた利息が戻ってくる 可能性があるということです。

4つめは、将来にわたる利息が免除になる可能性がある点です。 これは、和解の内容にも依存します。

任意整理のメリットとしてもうひとつあげられるのは、実は自分の借金全部を任意整理する必要はなく一部だけを選ぶことが可能で、住宅ローンや車のローンはそのままでそのほかの借金に対してだけ任意整理を行うということが可能です。

家を失いたくない、せっかく買ったばかりのマイカーを失いたくないという人に嬉しい債務整理方法ですね。

債務整理で無料相談・任意整理!自宅を守る借金解決方法

Copyright(C)
民事個人再生と住宅ローン