個人民事再生メリット・デメリットや詳細について紹介!住宅ローンのある方チェックしておきましょう
債務整理 住宅ローン

民事個人再生と住宅ローン



個人民事再生とは、2001年の4月に始まった債務整理の一種です。 債務が多くて、返済が難しくなった人が、地方裁判所に申し立てをすることで再生計画を立て直すことができるものです。

債務の合計が5000万円以下の場合に申し立てることができます。 但し、住宅ローンは除きます。

もし、個人民事再生を地方裁判所に申し立てると、そのときから一旦、債務の支払いは停止できます。 債務の上限を300万円として、その20%か、100万円のどちらか多いほうを 3年間分割で支払うことを実施します。

その返済が滞りなく終了したならば、残りの返済は全額免除になります。 しかし住宅ローンは適用にならず、そのままの返済が続きます。

あなたの債務についてもどうなるか相談してみませんか。
債務案件多く対応安心できる専門家です
↓↓↓↓↓


日本一恐れられる司法書士と選ばれたそうです
杉山法律事務所
過払い金がありそうな場合はコチラ!を


債務整理で無料相談・任意整理!自宅を守る借金解決方法

Copyright(C)
民事個人再生と住宅ローン