実勢価格が高いときは自宅が売られてしまう・・住宅ローンの返済不能のときの対策として!
債務整理 住宅ローン

実勢価格が高い自宅の住宅ローン対策・体験談



住宅ローンの残債が2000万で、自分で調べたら自宅の実勢価格が4500万ほどになっていたのです。

このケースの場合は、競売の手続きになっても、残債分が返ってくる見込みがあるので、競売の申し立て手続きをされていしまいました。

無料相談で督促が止みます
↓↓↓↓↓

自宅には担保余力が十分にあるので、 借り換えが可能と考えられました。
問題は、本人名義での借り換えは信用力低下などで非常に難しいという判断になるため、その代わりに婚約者の力を借りることになりました。

婚約者にローンを組んでもらい、自分の自宅を買ってもらうことになりました。
これが、知り合いに任意売却するというケースです。
数件の銀行に申し込み、何件か目の銀行でやっと審査も通り晴れて住宅ローンの心配がなくなったのです。

この人の場合は、先に住宅ローンの問題を解決し、あとで、ほかの債務を任意整理で圧縮しました。

債務整理で無料相談・任意整理!自宅を守る借金解決方法

Copyright(C)
債務整理無料相談・任意整理