住宅ローンの返済にもし遅れたら・返済が困難になったら、って思い悩む必要はありません
債務整理 住宅ローン

住宅ローンの返済困難



もしも、住宅ローンの返済遅れたらどうなるか知っていますか?

家がなくなってしまう!と心配のあまり、高金利な消費者金融で借りる準備をしている人がけっこう今でもいるようですが。

多少の返済遅延では銀行は自宅の差し押さえや無理な督促など一切しません

無料相談で督促が止みます
↓↓↓↓↓

住宅ローンの返済を少しでも遅れると、銀行は一番最初に以下のように言ってきます。
 (某大手都市銀行の督促状で実際に書いてある内容です)

返済を遅れると、代位弁済になります。
代位弁済になると、14%の金利が適用されて、あわせて「一括返済」になります。
一括返済になると、自宅を任意で売却して頂いて、その売却代金で返済してもらう ことになります。もしくは裁判所で競売を申し立てることになります。
競売になりますと、ローンの残債よりも低価格で落札されるケースがほとんどです。
したがって債務額が多く残ってしまいます。また、申請して半年から1年程度時間がかかることもあります。


どうでしょうか?
ちょっと専門用語がでてきて難しいですが、
これを要約すると、

「返済が遅れると、貸し手側の銀行のほうで回収する権利ができるので、最終的には自宅を任意売却または競売の手続きで家を売りに出しますよ。ただし、半年~1年くらいはかかりますけど」って感じでしょう。

住宅ローンの返済困難でも債務整理しない
で済むことがあるんですね。


債務整理で無料相談・任意整理!自宅を守る借金解決方法

Copyright(C)
債務整理無料相談・任意整理