個人再生のメリット・デメリットをチェックして本当に借金整理できる方法なのか!
債務整理 住宅ローン

個人再生のメリット・デメリットは?



相談するだけで楽になれる法律の専門家です
無料相談で督促が止みます
↓↓↓↓↓

個人再生ってなあに?
自己破産すると
住宅や職業の資格等を失ってしまうので
借金全額は免除にはならないが
それらを失わないようにして債務を
一定額に圧縮して返済する整理法

裁判所に申立て、債権調査し
債務を圧縮(最低弁済額)
その確定した弁済額での再生計画案を出し
原則3年・36回(例外として5年)で返済

個人再生のメリット
・自己破産のように住宅などの財産を清算しなくてよい。
自己破産のように職業の資格制限がない
債務額にもよるが、
特定調停や任意整理より債務の圧縮幅が大きい。
住宅ローン特約を使うことで
返済期間の延長等の変更ができる
止むを得ない理由で再生計画の返済か出来ない場合、
残債務を免責(免除)するハードシップ免責がある。

個人再生のデメリット
手続き等がややこしい為、
個人一人ではほぼ無理。(弁護士等の依頼が必要)
上記により費用が高くなる、
また時間もかかる。
債務は圧縮されても住宅ローンは圧縮されない、
また再生計画と並行して住宅ローンは支払わなければならない。

債務整理で無料相談・任意整理!自宅を守る借金解決方法

Copyright(C)
債務整理無料相談・任意整理